PR

ビニール上履きの名前の消し方は?漂白剤で消える?ゴムに書いたマジックを消す方法や消えない時の工夫

ビニール上履きの名前の消し方は?漂白剤で消える?ゴムに書いたマジックを消す方法や消えない時の工夫 子育て

ビニール上履き(バレーシューズ)の名前の消し方には、除光液やエタノールを使うものや、専用のインク消しを使う方法などがあります。

油性ペンやお名前スタンプは、漂白剤だけで綺麗に消すことは難しいでしょう。

漂白剤は仕上げに使うと効果的です。

どうしても消えない部分には、お名前シールなどを貼って隠しましょう。

ゴムに書いたマジックを消す方法には、消しゴムやメラミンスポンジを使った消し方もあります。

それぞれの方法について、やり方や注意点などを紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。

ビニール上履きの名前の消し方

この記事でご紹介する上履きの名前の消し方は、次のような内容です。

  • 除光液やエタノール、クレンジングオイルを使用する方法
  • インク消しを使う方法
  • お名前シールなどで隠す方法
  • 消しゴムやメラミンスポンジで消す方法(※ゴム部分) など。

お下がりで上履きを使う際や、名前を書き損じてしまった際に気になる、名前の消し方。

実はお家にあるものだけでも綺麗にすることができるんです。

油性ペンでだけでなく、お名前スタンプで名前付けをした場合も消し方は同様です。

お名前スタンプも油性インキが使用されていることが多いためです。

※お名前スタンプには専用のクリーナーも販売されているので、クリーナーを使う方法もあります

今回紹介している方法の中には、上履きだけでなく、体育館ばき(体育館シューズ)などで使える方法も多いですよ。

上履きに書いた油性ペンの名前を消す方法

上履きに書いた油性ペンの消し方でオススメの方法は、除光液やエタノールを使って消す方法です。

消し方の手順は以下の通りです。

  1. 油性ペンで書かれている部分の裏側にタオルを当てる
  2. 油性ペンで書かれている部分に液体を塗布
  3. ボロ布やコットンなどでポンポンと叩く
  4. 汚れが落ちてきたら、洗剤や石鹸で洗い流す

除光液やエタノールがおすすめ

油性ペンは色や定着剤などでできており、除光液やエタノールは定着剤との相性が良いです。

除光液はアセトンの入っているものを選びましょう。

ご家庭に除光液がある方は、成分を確認してから行ってくださいね。

エタノールは濃度が濃い方がよりよく汚れが落ちます。

エタノールは少しお値段が高いので、安く抑えたい方は除光液を用意するのが良いでしょう。

どちらを使う場合でも、注意すべき点があります。

それは、擦らないようにすること。

こするようにボロ布やコットンを当てると、油性ペンのインクが広がってしまったり、仕上がりが汚くなったりします。

上からポンポンと叩き込むことをしっかりと意識しましょう。

インク消しやクレンジングオイルを使う方法も

除光液やエタノールの他に、インク消しやクレンジングオイルを使う方法もあります。

インク消しは、油性マーカーの汚れ落としに使う商品です。

ペン型なので使いやすく、持ち運びもしやすいのが特徴です。

クレンジングオイルを使う場合は、除光液などと同じ方法で行って下さい。

乳化剤が含まれているクレンジングオイルを使用するようにしましょう。

除光液やインク消しを使用する際は、特有の匂いが発生します。

換気をしながら行うようにしましょう。

また、手が荒れやすい方などは、手袋をしながら行ってくださいね。

上履きの名前は漂白剤で消える?

上履きの名前は、漂白剤のみでは綺麗に消すことはできません。

「濃度の高い漂白剤の原液に長時間漬け込んでおく」という方法がありますが、こちらは薄くなる程度で、きれいに落とすことは難しいです。

また、漂白剤に長時間漬け込むと、上履きの繊維を傷つける可能性もあります。

漂白剤は、先ほど紹介した、除光液やエタノールを使う方法の仕上げに使用するのが良いでしょう。

ある程度、除光液などで汚れを落とした後に、薄っすらと残った油性ペンの跡を漂白剤で洗います。

油性ペンの跡もより綺麗になりますし、上履きそのものも綺麗な状態に復活しますよ。

上履きの名前が消えない時は?

上履きの名前が消えない時は、アイロンで接着できる、お名前シール(ネームテープ)やワッペンを活用しましょう。

お名前シールやワッペンは、手芸店や100均などで購入することができます。

お名前シールなどで隠す

アイロン接着のお名前シールの場合は、お好みのサイズに切ってアイロンで貼り付けます。

文字が透けて見える場合は、2枚にするなど工夫しましょう。

アイロンを使用する際は、長く当てすぎないようにしましょう。

上履きの繊維が、溶けてしまうことがあります。

他にも代用品として、白いテーピングも使えます。

テーピングを適当な大きさにカットして、上履きに貼り付けます。

修正ペンや白マーカーで隠す

また、修正ペンや白マーカーで隠す方法もあります。

修正ペンであれば、すぐに用意もできますし、何より簡単にできます。

修正ペンを使う場合は、たっぷりと塗るようにしましょう。

少量だと、文字がうっすらと残ってしまいます。

様子を見ながら、何回かに分けて塗るのもオススメです。

ゴムの部分に書いた名前の消し方(消しゴムやメラミンスポンジで)

上履きのゴム部分(ツルツルの部分)に書いた名前は、消しゴムやメラミンスポンジを使って消しましょう。

消しゴムやメラミンスポンジで、ゴム部分をこするだけでも名前が薄くなります。

もっと綺麗に消したい方には、先ほど紹介した除光液などを用いた方法と組み合わせるのがオススメです。

まずは、除光液やエタノールをボロ布などで叩き込み、ある程度名前を消しておきます。

だいたい油性ペンが消えて、薄くなってきたら消しゴムやメラミンスポンジを用意します。

そして、気になる部分を、クルクルと円を描くように消しゴムやメラミンスポンジなどでこすります。

ポイントは、様々な方向に向かってこするようにする事。

一定の方向にこするだけではなく、様々な方向にこする事で、油性ペンの汚れを削ることができますよ。

error: