【PR】

入学式の女の子の服はどこで買う?ジャケットなしやワンピースだけはあり?卒園式と同じ服を着回しする際のポイントも紹介

入学式の女の子の服はどこで買う?ジャケットなしやワンピースだけはあり?卒園式と同じ服を着回しする際のポイントも紹介 子育て

入学式の女の子の服は、イオン、しまむらなどで手頃な値段で買うことができます。

メゾピアノ、ショパンといったブランドも人気があります。

キャサリンコテージやリジェールなどの通販でも、入学式にピッタリな服を購入できますよ。

↓ 我が家はリジェールでベージュのセットアップを買いました

サイズが決めやすくまだ在庫がある時期に、余裕をもって準備しておくのがおススメです。

服を買う時期は、年末年始を目安にするとよいでしょう。

入学式の服装は、ジャケットやボレロを羽織らないスタイルや、ワンピースだけでもOKです。

ただ時期的に、気温の変化に対応できるよう羽織りものがあると安心できます。

卒園式で着た服を入学式で着回すことも全く問題ありません。

メイン以外のアイテムを一つ変えるだけで、簡単に雰囲気を変えることもできますよ。

スポンサーリンク

入学式の女の子の服はどこで買う?

入学式の女の子の服は、イオン、しまむら、H&M、ZARAなど、全国にある店舗では手軽に購入することができます。

またメゾピアノ、ショパン、タルティーヌ・エ・ショコラなど、こだわりのブランドで購入したいという人もいるでしょう。

実物を見て試着ができるのは、実店舗で購入する最大のメリットですね。

周りの子とかぶらないようなデザインを求めるなら、ネットショップで購入するのも良いでしょう。

ネットショップは、キャサリンコテージ、リジェール(riziere)などがオシャレで人気です。

わが家は、リジェールのノーカラージャケットセットアップ(ベージュ)を買いました。

誰ともかぶらないデザインで、オシャレでかわいかったです。

他にも、楽天市場や実際の子供服の店舗の商品も探しましたが、この商品のようにオーバーサイズでゆるっと着こなすタイプの物は無く、デザインに一目ぼれしました。

黒やネイビーのワンピースやセットアップを着ている子が多い中で、ベージュっぽく明るい色は大勢の子の中にいても目立ちやすく、選んでよかったポイントです。

入学式のためだけに購入するするのはもったいない、ハイブランドの服を着せたいけど金額的にためらってしまう、という人はレンタル衣装サービスを利用する方法もあります。

例)
・こどもレンタルドレスワールド
・おしゃれコンシャス
・Cindy Kids
・NORIES

ハイブランドを新品で購入するよりも費用は抑えられるため、利用するメリットは大きいです。

また、気に入ったものを購入して、フリマアプリで売るという方法もあります。

これだと、レンタルより安く済むことも多いでしょう。

お子さんの希望と、予算、こだわりなどを考えて選んでみてくださいね。

スポンサーリンク

入学式の女の子の服はいつ買う?サイズ選びのコツは?

入学式の女の子の服はいつ買うのがよいかというと、お店によって販売時期は異なりますが、年明け頃には購入しておくのが安心です。

数か月先に着る洋服なので、サイズ選びにもそこまで悩む必要がありません。

実店舗なら試着をする、ネットショップなら採寸をするなどして、ジャストサイズもしくはワンサイズ上で購入すれば失敗しません。

わが子は115cm、20㎏の女の子で120cmを購入しましたが、少し余裕がある程度でちょうどよかったです。

2月~3月にかけては、人気があるブランド服やネットショップで見かけるオシャレな服は完売になっていることが多いです。

特に、120~130cmサイズはすぐに売れてしまいます。

遅くても年末までにはリサーチを済ませ、年明け頃には購入しておくと「気に入っていた商品のちょうど良いサイズが買えなかった」ということは避けられるでしょう。

実際に、私が利用したネットショップ(リジェール)では1月下旬には完売になっており、再入荷されたのが3月上旬でした。

卒入シーズン直前は常に完売している商品なので、早めの購入をおススメします。

それに比べ、イオンやしまむらなどの店舗では、4月に入ってからもたくさんの商品が並んでいるため、焦って買う必要はありません。

どこで買うか、どんな服を選ぶかを早めにイメージして調べておき、計画的に準備しましょう。

スポンサーリンク

入学式の女の子の服装は、ジャケットやボレロなしでもOK?

入学式という式典の場に出席することを考えると、ジャケットやボレロが必要かと悩んでしまいますよね。

入学式の服装について、小学校から指定されることはありません。

ジャケットやボレロ(ショートジャケット)なしでカーディガンでも、ワンピースだけでも問題はありません。

式典にふさわしいフォーマル感は必要ですが、ジャケットやボレロなしでも上品に着こなすことはできます。

娘の入学式でも、ジャケットやボレロなしで出席している女の子は何人か見かけました。

ただ、ほとんどの子が、ジャケットやボレロを着ていました。

4月の入学式シーズンは、まだ気候も不安定で肌寒い日もあるため、体温調整しやすい羽織りものがあると安心できますよ。

スポンサーリンク

入学式の女の子の服装、ワンピースだけはあり?

入学式の女の子の服装はワンピースだけでもOKです。

フォーマルの場にもぴったりなデザインのワンピースは、たくさんあります。

ブラウスやジャケットなど、沢山のアイテムを揃える必要がなく、ワンピース1枚でオシャレにまとまるのがメリットですね。

インナーには、ヒートテックなどの薄手の肌着を着れば、ごわつくことなく着こなせます。

レースや刺しゅうの入った華やかなデザインのものも多くあり、入学式にワンピースだけで出席することに特に違和感はありません。

ただ先ほどお伝えした通り、入学式では肌寒い日もあります。

寒かった時に羽織れるものがある方が安心です。

スポンサーリンク

卒園式と入学式で同じ服を着回ししてもいい?

卒園式と入学式は、同じ服でも何も問題ありません。

娘は卒園式と入学式で、まったく同じ服装で出席しました。

「少しは違う格好をさせたいな」と考えるなら、メインのお洋服以外で変化を出すのが簡単です。

例をあげますね。

  • ワンピースは同じもので、卒園式はジャケット、入学式はボレロを羽織る
  • セットアップは同じもので、卒園式は落ち着いたハイネック、入学式は襟の大きいブラウスを中に着る
  • 服の組み合わせは同じで、ヘアアクセサリーの色や靴下のデザインを変える

このような感じです。

娘に買ったリジェールのセットアップは、レースや刺しゅうなど、服自体に装飾がないシンプルなデザインです。

そのため、入学式では、襟の大きいブラウスを合わせて華やかなコーディネートにしました。

コサージュをつけたり中に合わせるブラウスで華やかさを足すと、入学式っぽくて良かったです。

入学式以外にも、ちょっとしたフォーマルの場で着まわしました。

その時はハイネックを合わせましたが、それもとても可愛く着れました。

小物の色を使い分けるだけでも、卒園式と入学式それぞれの式典に合った雰囲気になりますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク