赤ちゃんが離乳食をもぐもぐしないで丸のみしてしまう!練習法はある?

赤ちゃんが離乳食をもぐもぐしないで丸のみしてしまう!練習法はある?

生後5ヶ月を過ぎたころから、離乳食を始める家庭は多いと思います。

しっかりと自分でお座りができるようになったら、離乳食開始のサインです。

ですが、最初はなかなかうまくいかないもの。

もぐもぐしてくれなくて、悩んでしまうことも多くあります。

そんなときには、おすすめなのが、舌で潰せるくらいの柔らかい食材です。

少しずつ固くしていき、もぐもぐを覚えてもらいましょう。

少しずつ食材を大きくしていくことや、ゆっくりと食事を摂ることで、もぐもぐできるようになってきますよ。

もぐもぐしない時のメニューや練習方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

離乳食をもぐもぐしない時期のおすすめメニューは?

もぐもぐしてくれないと、何を食べさせたらよいか悩みますよね。

「もぐもぐしようね」と赤ちゃんに言っても、まだその言葉の意味を理解することはできません。

そんなときには、無理して離乳食を進めるのではなく、もぐもぐしなくても食べられるメニューをまずは豊富に用意してあげましょう。

食べることの楽しさを赤ちゃんに知ってもらうことを優先します。

バナナを細かく切る

バナナはさらさらとしたお粥と違い、少しだけ弾力があります。

しかし細かく切ることで、飲み込んでも苦しくなってしまわないので安心して与えられます。

まずはバナナを細かく切って、食べさせてあげましょう。

初めて与える場合は、アレルギーの心配があるので、かならず小さじ1杯だけにします。

また、加熱することでアレルギー反応を抑えられるので、電子レンジで温めることもおすすめです。

赤ちゃんがバナナをスムーズに食べられているようなら、少しずつ大きく切ります。

徐々に慣らしていくことで、赤ちゃんの負担になることなく、もぐもぐを覚えてもらうことができます。

そのままカミカミができるようになれば、大成長ですね。

湯豆腐

もぐもぐする時期に入っても、なかなか口を動かしてくれない赤ちゃんにとっての心配事は、喉に詰まらせることです。

固い食材や大きく切った食べ物を与えるのは、まだ心配ですよね。

そんなときに便利なのが、湯豆腐です。

柔らかいので、少しくらい大きく切っても喉に詰まらせる必要はありません。

豆腐にはたくさんの栄養素が含まれています。

赤ちゃんの離乳食にぴったりの食材です。

わが家では、毎日のように豆腐を食べさせていました。

赤ちゃんも好みの味だったようで、口から出したりすることもなかったです。

もぐもぐしてくれないと焦ってしまいますが、徐々に食材を大きくしてもぐもぐを覚えてもらいましょう。

スポンサーリンク

離乳食をモグモグしてもらうための練習法はあるの?

続いては、もぐもぐを覚えるための練習法です。

先ほどお伝えしたように、少しずつ食材を大きく切っていくことで、赤ちゃんが自然とモグモグするようになっていきます。

あとは、食べる速度にも注意が必要です。

もしかして、早食いになっていないでしょうか?

急いで食べることで、もぐもぐせずに飲み込む癖がついてしまっているかもしれません。

もし心当たりがある場合は、少しだけ速度を遅くしてみましょう。

「もぐもぐしてね」と声を掛けながら、楽しく離乳食を進められるとベストです。

離乳食をゆっくり食べることで、もぐもぐをする余裕が生まれて、赤ちゃんも口を動かすようになります。

おすすめの練習法なので、ぜひ試してくださいね。

スポンサーリンク

離乳食をもぐもぐするのはいつから?

そもそも、離乳食をもぐもぐするのはいつからでしょうか?

離乳食を開始したばかりのころは、赤ちゃんはまだもぐもぐできません。

そのため十倍粥などの、飲み込める食材を与える必要があります。

離乳食が順調に進んできたと思ったら、少しずつお粥の水分量を減らしていきましょう。

そのときに気になるのが、赤ちゃんの丸のみです。

私には1歳になる赤ちゃんがいますが、当時は食材をほぼ丸のみしていました。

噛む練習もしてほしいのに、なかなかしてくれないので、一向に食材を固いものに移行できませんでした。

もぐもぐできるのは7~8ヶ月ころ

一般的に、赤ちゃんがもぐもぐできるようになるのは7~8ヶ月ころだと言われています。

赤ちゃんにとってのもぐもぐは、舌や歯茎を使って食材を潰すことです。

口がもぐもぐと動いているなと思ったら、もぐもぐできているサインですよ。

しかし、順調にはなかなか行かないものです。

たしかに7、8ヶ月ころには口をもぐもぐさせてはいましたが、ほとんど丸のみしていました。

オムツに丸のみした食材がそのまま出てきたときは、かなり驚きましたよ。

いつかはかならずもぐもぐしてくれるものですが、当時はかなり焦っていました。

ですが、赤ちゃんの成長を見守りながら、少しずつ離乳食を進めていくのが正解だと今なら思います。

スポンサーリンク

まとめ

離乳食にまつわる悩みは数多くあります。

もぐもぐしてくれなくて悩んでいるママやパパは、ぜひ今回ご紹介した練習法を試してみてください。

少しずつ食材を大きくしていき、ゆっくりと食事を摂ることで、もぐもぐできるようになってきます。

毎日の赤ちゃんのお世話で大変だと思いますが、焦らずに進めていきましょう。

無事にもぐもぐしてくれるようになることを願っています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました