赤ちゃんが動き回る対策は?ゴミ箱あさると大変!部屋の片づけを!

赤ちゃんが動き回る対策は?ゴミ箱あさると大変!部屋の片づけを!

産まれてすぐの頃は寝てばかりの赤ちゃん。

それが生後半年にもなると、ズリバイで動き回るようになります。

すると気になるのが、部屋の中にある小物などです。

大人にとっては何でもないものでも、赤ちゃんにとったら危険なものも含まれます。

赤ちゃんが動き回るようになったら、思い切って部屋の片づけをしましょう。

赤ちゃんはゴミ箱あさるのが大好きです。

危険なので撤去するなど対策しましょう。

ハイハイでさらに赤ちゃんが動けるようになると、行動範囲が広がります。

その時にはベビーサークルを購入すると、家事もはかどりますよ。

スポンサーリンク

赤ちゃんが動き回るようになったら部屋の片づけを!

赤ちゃんが部屋の中を動き回るようになったら、部屋の片づけをする時期です。

今までは大人のための部屋づくりをしていたと思いますが、赤ちゃん目線に立った部屋づくりが必要になります。

赤ちゃんは、興味のあるものは何でも口に入れてしまうからです。

大きなものは飲み込めませんが、小さな電池や紙切れなどは、誤飲の恐れがあるのでとても危険です。

赤ちゃんが動き回るようになるのはいつ?

一般的には、生後5~7ヶ月でズリバイを始める赤ちゃんが多いです。

ズリバイをするようになると、部屋の中を移動するようになるので、ママやパパは目が離せなくなります。

しかし、ズリバイで動ける範囲は限られています。

それよりも、ハイハイができるようになってからが大変です(個人差がありますが生後7ヶ月すぎてから)。

ハイハイができるようになると、赤ちゃんは部屋の隅々まで移動します。

しかも、とってもスピードが速いです!

少し目を離したすきに、部屋の外へ出て行ってしまうこともあるほどです。

その頃になったらママやパパは、部屋の中に赤ちゃんにとって危険なものがないかチェックを始めましょう。

万が一、口に入れてしまったら大変です…。

スポンサーリンク

赤ちゃんがゴミ箱あさる!撤去がおすすめ

私にも赤ちゃんがいますが、ハイハイをするようになってから、部屋の中を一掃しました。

たとえばゴミ箱です。

ゴミ箱の中には、赤ちゃんが誤飲してしまいそうなものがたくさん入っています。

なので、思い切ってゴミ箱を撤去しました。

現在、我が家にあるゴミ箱はキッチンの扉の中にあるゴミ入れだけです。

キッチンの扉も、赤ちゃんが開けてしまわないように、ロックをかけてあります。

ゴミ箱を撤去した理由は、赤ちゃんがゴミ箱を倒して中のゴミをあさるようになったからです。

ゴミ箱を撤去できない場合は、ロックのかけられる蓋つきのものにするか、手の届かない場所に置くことをおすすめします。

どんなに部屋の中を綺麗に片づけても、ゴミ箱を倒されてしまったら元も子もありません。

ゴミ箱の中には、薬のパッケージや小さな紙切れなどが入っている恐れがあります。

赤ちゃんが誤飲をしないよう、手を触れられないようにすることが重要です。

その他にも、部屋の中にある危険そうなものは思い切って片づけてしまいましょう。

部屋もすっきりとするので、おすすめです。

スポンサーリンク

赤ちゃんが動き回る…家事はどうやってこなす?

赤ちゃんが動き回るようになると、困ることがあります。

それは家事がはかどらないことです。

特に赤ちゃんがハイハイを始めた頃は、常に目で追っていないと、すぐにどこかへ行ってしまいます。

赤ちゃんも動けるようになったことが嬉しくて、どんどんと部屋の中を冒険するからです。

ハイハイをする赤ちゃんはとても可愛らしいですが、家事がはかどらないのは困ってしまいますね。

「どうやって家事をすればいいの?」

という時には、ベビーゲートやベビーサークルをおすすめします。

入ってほしくない場所の入り口にベビーゲートを設置すれば、赤ちゃんはそれ以上進めません。

また、ベビーサークルの中で赤ちゃんを遊ばせておくことで、ママの視界からいなくなることを防ぎます。

ベビーゲートが設置できない場所にはベビーサークルもおすすめです。

>> ベビー用品レンタル「ベビレンタ」はこちら(公式サイト)

↑ レンタルという方法もあります

このように子育てに役立つ便利グッズがたくさんあるので、ライフスタイルに合うものを活用してくださいね。

家事が終わったら、思い切り遊んであげましょう!

スポンサーリンク

赤ちゃんが動き回る対策 まとめ

赤ちゃんは、生後5ヶ月を過ぎた頃からズリバイを始めます。

すると、部屋の中を動き回るようになるので、危険なものに手を触れさせないための対策が必要になります。

部屋の床にゴミを落とさないことはもちろんのこと、ゴミ箱にも注意したいですね。

ゴミ箱はひっくり返されないように、撤去するか、ロックのついた蓋つきのものに変更しましょう。

赤ちゃんが口に入れてしまいそうなものは、片づけたり、手の届かない場所に置いたりすることを検討してください。

ママやパパが少し目を離したすきに、誤飲をしてしまったら大変です。

そして赤ちゃんが動くようになったら、思うように家事ができなくなります。

ベビーゲートやベビーサークルを活用することで、家事がはかどりますよ。

赤ちゃんの成長と共に、部屋の片づけや模様替えが必要になります。

赤ちゃんを危険から守るためにも、ぜひ対策を行ってくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました