3歳の子供に三輪車か自転車か購入するならどっちが良い?

3歳の子供に三輪車か自転車か購入するならどっちが良い?

この前までベビーカーに乗っていたのに…気付けば少し頼もしくなっている3歳児。

次の愛車として購入すべきなのは三輪車か自転車かどっち?

子供が3歳を過ぎているのであれば、私は三輪車よりも自転車をおすすめします。

三輪車は4歳くらいまでしか乗れません…。

いきなり自転車?と思われるかも知れませんが、3歳児でも意外と自転車を乗りこなします。

経済面で考えても自転車の方がおすすめですよ!

スポンサーリンク

三輪車は3歳からでは遅いかも!

自転車はちょっと早い気もする3歳という年齢。

しかし、驚くほど早い子供の成長!自転車がさまになるのもあっという間です。

三輪車に乗るのは4歳くらいまでなので、買ってもすぐに乗れなくなってしまいます。

3歳の子供に、三輪車か自転車どちらを購入するか悩んでいるなら、私は自転車をおすすめします。

3歳の体格なら自転車に乗れる

今から三輪車デビューという場合でも、結局はペダルを漕ぐ練習をしないといけません。

3歳児くらいの体格であれば、三輪車を通り越していきなり自転車でも乗れるでしょう。

実際に我が家の次女も、特別身体が大きい訳ではなく、至って標準体型ですが3歳で自転車に乗れました。

自転車の方が長く乗れる

自転車であれば、後々補助輪を外し、サドルの高さも調節できます。

子供が3歳から乗っても6歳位までは同じ自転車を使用できます。

三輪車に乗れるのは、体格的に4歳頃までです。

三輪車より自転車の方が長く乗れるのは明らかです。

3歳から6歳の子供なら、14~16インチくらいが目安ですね。

三輪車はいらない!となるかも

体格だけでなく、3歳頃になると「私(僕)は、もう赤ちゃんじゃない!」という気持ちも芽生えてきます。

せっかく買っても、同い年くらいの子が自転車に乗っているのを目にすると「子供っぽい三輪車は嫌!いらない!」と言い出す事も十分考えられます。

体格的にも、精神的にも、三輪車を卒業する日はそう遠くありません。

3歳で自転車に乗れた(我が家の体験談)

我が家の次女が自転車に興味を示したのは、3歳になりたての頃でした。

2歳の誕生日にプレゼントした三輪車を愛車にしていた次女ですが、長女が乗っていた自転車を羨ましく思い始めたようです。

駐車中の長女の自転車に座りたがったり、時には親の目を盗んでこっそり乗ろうとしたり…。

長女に自転車を買い与えたのは4歳になってからだったので、比較すると、やはり下の子はオマセです!

まだ三輪車が小さい訳でもなく、少し早いかなと思ったのですが、ちょうど自転車ブームが終わりつつあった長女の同意を得て、次女に自転車をお下がりする事にしました。

乗りこなせなかったら、まだ三輪車もあるし!という軽い気持ちで行った自転車のお下がり。

補助輪を取り付けて、サドルを一番下まで下げ…。

次女にとりあえず漕がせてみると、最初は少し手間取ったものの、1・2回の練習で意外とすんなり乗りこなしたのです。

それまで三輪車に乗っていたので、ペダルを漕ぐ要領は得ていたのでしょう。

スポンサーリンク

手押し棒などを購入しても自転車の方がコスパがいい!

もう1つ、自転車をおすすめする理由は、自転車の方が長く乗れて経済的ということです。

3歳で三輪車を買っても、1年で卒業してその後自転車を買うことになるでしょう。

遊び道具として三輪車を買うのならいいと思いますが、どちらか一方を買うのならコスパ的にも自転車をおすすめします。

3歳で自転車は早い?便利グッズがある

3歳児の自転車デビューに、補助輪だけでは少し早いかな?と心配ですか?

最近は、そんなあなたに向けた便利グッズもあるんです!

心配なら、手押し棒(アシストバー)、肘当て、膝当てを活用しましょう。

補助輪と手押し棒を装備すれば、親の感覚としても、三輪車とあまり変わらないと思います。

必要に応じて、膝や肘当てを使うといいですね。

ヘルメットは安全のために必ず装着させましょう。

3歳の自転車デビューには手押し棒がおすすめ

三輪車に手押し棒が付いているのを見かけたことはありませんか?

三輪車の背後にニョキッと生えており、大人が後ろから支えて補助している、あの棒です。

実は、自転車用の手押し棒も存在するのです!

市販の自転車に後付け可能で「アシストバー」とも呼ばれています。

だいたい2000円前後で販売されていますよ。

三輪車と違い、自転車用はハンドルの舵取りはできないようですが、3歳くらいであれば、行きたい方向に自分でハンドルを切る事は難しくないでしょう。

新しい愛車を手に入れた子供は、嬉しくて長時間何度も乗りたがります。

喜んでくれると、購入した甲斐がある一方、慣れるまでのサポートが大変な面も…。

後ろから押したり、支えたり…、中腰を長時間続けるのって、結構ツライですよね。

手押し棒があると、屈まずにサポートできるのです!

腰が痛くならずに済み、親にも嬉しい便利グッズですね。

三輪車の値段はどのくらい?

created by Rinker
エム・アンド・エム

三輪車は、安価な物でも販売価格は5000円位です。

手押し棒等の補助具が付いている三輪車であれば、ほとんどが1万円以上の価格帯になってきます。

3歳時点で三輪車を購入し、1年程で卒業するよりは、便利グッズを駆使しても少し早めに自転車を購入する方が家計にも優しいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

3歳の子に三輪車か自転車かどっちがいい?の答えは自転車です。

子供は、本当にあっと言う間に大きくなります。

子供へ買い与える物やチャレンジさせる事で悩んだ時は、親から見ると少し早いかな?と思う方を選んでも大丈夫だと思います。

初めは難しそうと思っても、子供は驚く程の吸収力でどんどん成長していきます。

昨日できなかった事が、次の日には「何のことですか?」と言うくらい、スイスイできるようになっている事は日常茶飯事です。

瞬く間に成長する子供の様子は、常に変化しています。

一瞬一瞬が、二度と見られない貴重な瞬間ですよ。

そばで見守れる幸せを噛みしめながら、我が子の成長を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました