授乳間隔あくと母乳減るの?3時間おきの授乳はいつから止めていい?

授乳間隔あくと母乳減るの?3時間おきの授乳はいつから止めていい?

母乳で育てているママは「授乳間隔をあけると母乳が減ってしまう」と聞いたことはありませんか?

特に、産まれたばかりの赤ちゃんには、3時間おきの授乳が必須とも言われています。

母乳が減ってしまったらどうしよう…と心配になってしまいますよね。

授乳間隔があくと、母乳をあげる回数が減るので、1日にあげられる量は確かに減ってしまいます。

しかし、授乳間隔をあけることで1回の量が減ってしまうことはほとんどありませんよ。

産まれてきた赤ちゃんにとっての栄養源である母乳。

気になる疑問にお答えします!

スポンサーリンク

授乳間隔があくと母乳が減る?

「授乳間隔をあけると、母乳が減るよ」

誰に言われたのか覚えていませんが、私も聞いたことのある言葉です。

しかし、授乳間隔をあけることで母乳が減ることはあまりありませんよ。

ただし授乳間隔があくということは、1日にあげる母乳の量が少なくなるということ。

そのため、授乳間隔をあけると母乳が減る…と言われているのかもしれませんね。

新生児期は3時間おきの授乳を欠かさなかった

私には1歳半になる赤ちゃんがいます。

母乳で育てていたので、さまざまな悩みを経験してきました。

赤ちゃんが1回の授乳で飲める量は決まっています。

成長と共にたくさん飲めるようにはなってきますが、産まれたばかりのころだと、飲み疲れて授乳の最中に寝てしまうことがあるほどです。

産まれたばかりのころはまだ体力がないので、母乳を飲むことだけで疲れてしまいます。

目安は片方の胸で30分を両胸。

1日に最低でも8回は行うように、産院で指導を受けました。

この回数や時間は病院や指導する助産師さんによっても言うことはバラバラです。

厳密に守る必要はありませんが、当時の私はかなり慎重派でした。

というのも、赤ちゃんはまだ言葉を話せません。

泣いていても、お腹が空いているのか眠たいのかよくわからず。

「お腹が空いていたらどうしよう」

と不安になって、必死に授乳していました。

そのため、授乳間隔をあけることで母乳が減ってしまうのか怖くて。

1日に8回は必ず授乳するようにしていました。

たしかに新生児の場合は、3時間おきの授乳は必須と言われています。

しかし、赤ちゃんによって母乳を飲む力や量はさまざま。

赤ちゃんが満足しているようなら、あまり神経質になる必要もありませんよ。

それに授乳間隔があくことで、母乳自体の量が減ってしまうことはほとんどありません。

スポンサーリンク

授乳間隔があくのはいつから?

母乳で育てているママにとって、授乳は悩みのひとつ。

では、授乳間隔があいてもいいのは、いつからなのでしょうか?

生後3ヶ月を過ぎたら少しずつ回数を減らしてOK

生後3ヶ月を過ぎたころから、赤ちゃんは一度に飲める母乳の量が増えてくると言われています。

そのため生後3ヶ月を過ぎたら、1日8回の授乳を少し減らしてもいい目安ですよ。

というのも産まれたばかりの赤ちゃんの胃はとても小さいです。

母乳を飲んでもすぐにお腹いっぱいになってしまいますが、またすぐにお腹が空いてしまうのです。

これが1日に8回以上授乳しなくてはいけない理由です。

生後3か月にもなれば、ある程度、胃が大きくなってきます。

飲む力もついてきて、一度に飲める母乳の量もかなり増えてきました。

胃がからっぽになってお腹がすく間隔が長くなるので、授乳回数を減らしても構わなくなります。

もちろん赤ちゃんのなかには食いしん坊さんもいるので、赤ちゃんの個性にあわせてあげてください。

私の赤ちゃんも、生後3ヶ月ころからたくさん飲めるようになりました。

1日の授乳回数も自然と減っていきましたよ。

写真を見返すと、頬や体がプニプニの真ん丸で可愛らしいです。

そのころには、たくさん母乳を作っていたのでしょう。

4時間もすると胸がパンパンに張って、飲んでもらわないと辛くなるようになっていましたよ。

スポンサーリンク

授乳間隔があくと胸が痛いのは乳腺炎かも

成長と共に授乳間隔があくのは、問題ありません。

しかし急に減らしてしまうと、胸が異常に張ったり、痛くなったりすることがあります。

それは乳腺炎の可能性がありますよ。

私にも経験がありますが、胸が岩のように固くなって、熱を帯びてきます。

触るだけで痛くて、泣きそうなほどつらかったです。

私が乳腺炎になったときには、自力では治せず、助産師さんが経営している母乳サロンへ駆け込みましたよ。

マッサージをしてもらい事なきを得ましたが、熱も出てしまい、とても辛い時間を過ごしました。

授乳間隔をあけるときには、少しずつ行うとよいでしょう。

「授乳間隔があいて胸が張っているな」と感じたら、赤ちゃんに飲んでもらったり、搾乳機を使って絞ったりすることが大切です。

ひどくなると私の様に熱を出すこともあるので、気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

授乳間隔あくと母乳減るの? まとめ

母乳で育てているママにとって、気になる授乳についてご紹介しました。

授乳間隔があくことで1回の母乳の量が減ることはあまりありませんが、1日にあげられる量は確実に減ってしまいます。

生後3ヶ月ころまでは、1日に8回の授乳を目安にしてくださいね。

また胸の張りや痛みを感じたら、乳腺炎になりかけている可能性もあります。

その際には、赤ちゃんに母乳を飲んでもらったり、搾乳を行ったりしましょう。

トラブルがつきものの母乳育児ですが、赤ちゃんが母乳を飲む姿はとても可愛らしいものです。

無理せず、育児を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました