ゴミ箱の袋どうする?再利用のアイデアや買うときの注意点など

ゴミ箱の袋どうする?再利用のアイデアや買うときの注意点など

お部屋のゴミ箱の袋ってどうしてますか?

私は一昔前まで、特に気にせずにスーパーのレジ袋を使っていました。

しかし最近はecoバックを利用したりしているので、レジ袋のストックがありません。

何かで代用できないかなあと考えていたら、意外と身近なもので代用可能なものが多いことに気づきました。

お菓子などの商品の袋や、新聞紙で作るなど。

そこで今回は、ゴミ箱の袋をどうするか、のアイデアをいくつかご紹介します。

参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

商品の袋を再利用する

お部屋のゴミ箱の袋は、もちろん、レジ袋を買う方法もあります。

その他には、商品の袋を再利用する方法が手っ取り早いですよ。

お米・紙おむつなど大型商品の袋

一昔前までは、商品の袋って何も気に留めず捨ててしまっていました。

でも、ちょっと見渡してみると使えそうな袋が意外とあります。

お米や紙おむつの袋は大きいですし、丈夫なので結構使い勝手がいいですよ。

トイレットペーパーの袋などもいいですね。

再利用のコツは、袋を開けるときびりびりに破かずに、ゴミ箱にセットした時に上にくる部分を綺麗にハサミで切ることです。

食パンやお菓子など小型商品の袋

食パンやお菓子などの小型商品の袋も、まだまだたくさんありますよね。

こちらも気にせず捨ててしまいそうなところを、再利用します。

わが家でもかなり活躍しています。

パンなどの食べ物が入っていた袋を、各部屋のゴミ箱にセットするのには抵抗がある…という人もいるでしょう。

そんな時は生ごみ用のゴミ袋として活用してはいかがでしょうか?

袋にもよると思いますが、においがもれなくて便利です。

サイズ的にもちょうどいいですよ。

お菓子は個包装が多いので、外袋がきれいです。

ストックしておくこともできます。

わが家では、肉や野菜をしまう時に使ったりもしています(使用後は生ごみを入れて捨てたりします)。

スポンサーリンク

紙の袋(作ったり再利用したり)

ビニール袋はなんとなく罪悪感が…とい人には、紙の袋がよさそうですね!

新聞紙やチラシで作った箱

新聞紙やチラシで作った箱も、ゴミ袋の代用になります。

新聞紙くらいの大きいサイズで作ればそれなりに大きな箱も作れます。

新聞をとっていないという方も、チラシで作れますよ。

紙なので、多少の水分を吸ってくれるというメリットもありますね。

折り方次第で深いものや浅いものも作れます。

ゴミ箱に合ったものを作ってみてください。

箱は、テレビを見ながら折ってストックしておくのもいいですね。

子供と一緒に作っても楽しいですよ。

古封筒

古封筒もゴミ袋の代用になります。

小さいサイズだとちょっと使いづらいですが、A4サイズくらいの大きさだと立派にゴミ袋の役割を果たしてくれます。

こちらも紙なので多少の水分は吸い取ってくれますし、丈夫さもあるのでおすすめです。

スポンサーリンク

レジ袋を購入する

いくつかゴミ袋の代用アイデアをご紹介しましたが、レジ袋購入派も多いです。

ゴミ箱の袋以外でも、収納の時やお子さんの学校用品を入れたりなどで、意外とレジ袋が必要なことが多いもの。

結局「お金がかかっても買っちゃう」という意見です。

確かに、汚れ物や水気のあるものを入れておくのに、ビニール袋って使いますよね。

「100円均一でゴミ箱用のレジ袋を購入している」

「買い物時にレジ袋を買うようにして、ゴミ袋に回している」

と、購入派には「レジ袋」をまとめて購入する方法と、買い物の都度にレジで購入する方法とがあります。

created by Rinker
ハウスホールドジャパン

「レジ袋」をまとめて購入する方法では、100円均一やスーパー、ホームセンターなどで購入している方が多いです。

業務用の大容量タイプなど、コスパを意識した商品が人気ですね。

買い物の都度にレジで購入している方の意見としては、「手間がかからなくてよい」といった効率性を重視した意見が多いです。

中には、「○○スーパーのレジ袋は丈夫なのでいつもそこで買っている」というように、「丈夫さ」を重視したこだわり派も。

買い物の都度にレジで購入できるのは、確かに楽でいいですよね。

あらかじめレジ袋を準備するわずらわしさがありません。

忙しい人にも人気です。

コスト的に「高いのでは?」とも思われがちですが、そうとも限りません。

お店によっては「レジ袋」を商品として買うより安く済む場合もあります。

私も以前、計算したことがあります。

その時は、100均やスーパーなどで100枚入りのレジ袋を買うより、1枚5円のレジ袋の方が安くて驚きました。

今は、もっと安い袋もあるようです。

丈夫さや値段はお店によって結構差があるので、ちょっと気にしたほうがいいかもしれません。

たかが数円でも、積もり積もったら結構な額になりますよ。

スポンサーリンク

いっそのことゴミ箱には袋なし!

思い切って、ゴミ箱の袋はなしにしよう!という方法もあります。

ゴミ捨て時の大きな袋はもちろん必要ですが、各お部屋のゴミ袋は無くしてしまおう!ということです。

ゴミの内容によりますが、ゴミ箱が汚れるようなゴミが出ない場所では、袋は無くても問題なさそうです。

「子ども部屋や寝室などではそんなにゴミが出ない」という人におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

ゴミ箱のゴミ袋について、代用アイデアなどをお伝えしました。

何かしら参考になれば幸いです。

ecoやコスパなどいろんな方面から検討してみてください。

たくさん方法はありますが、普段の生活に密着していることなのでストレスのない方法が一番です!

ぜひ試して、自分にぴったりの方法を見つけてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました