キャンプ雨って最悪?雨の日のキャンプは必需品を準備して楽しもう!

キャンプ雨って最悪?雨の日のキャンプは必需品を準備して楽しもう!

キャンプの前日は、まるで遠足へ行く前の日のようにワクワクしますよね。

しかし天気予報に雨マークがついていると、せっかくの気分が台無しです。

キャンプが雨って最悪…と思うかもしれませんが、必需品を準備すれば雨の日でもキャンプを楽しめますよ!

雨キャンプでは、防水加工を施した洋服に身を包み、テントの中に雨が浸水しないようにブルーシートで工夫しましょう。

タープなしだと焚き火たきびはできませんが、雨除けに焚き火タープ(難燃性タープ)を使えば焚き火もできます!

持ち物について詳しくご紹介しますので、雨天のキャンプへ行く前にぜひチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

雨キャンプの持ち物は?

キャンプ当日、窓の外を見るとあいにくの雨模様。

でも、どうしてもキャンプに行きたい…。

そんなときには、雨の日に必要な持ち物を用意して向かいましょう。

洋服は防水加工orスプレーで

まず、洋服です。

防水加工をほどこしたウェアが、アウトドア専門店では売られています。

自宅のクローゼットにある場合は、着ていきましょう。

もしないのなら、洋服に防水スプレーをかけることで、水の浸水を防ぐことができます。

レインコート

続いて、テント外で行動するときのために、レインコートを持参します。

両手があかないキャンプ場では、傘よりもレインコートが活躍しますよ。

足元まで隠れるサイズを選ぶことで、足元が濡れる心配が減ります。

レインシューズ

また足元にはレインシューズを合わせましょう。

靴の中に雨水が浸水してもいいように、替えの靴下を持っていくことをおすすめします。

雨に濡れた髪や、体を拭くためのタオルも必要ですね。

濡れたものを入れるビニール袋も多めに持っていきましょう。

雨の日のキャンプ場は、夏でも冷えます。

風邪を引かないようにするため、洋服を雨仕様にして楽しみましょう。

続いては、必ず持っていきたい必需品についてご紹介します。

スポンサーリンク

雨の日にキャンプをする時の必需品

「雨の日のキャンプ、必需品ってあるの?」

ザーザー降りの雨を見て、誰しも心配になると思います。

雨の日のキャンプで、必ず持参するべきなのはこちらです。

  • レインシューズ
  • レインコート
  • ガスコンロなどの調理用具
  • ブルーシート
  • ビニール袋

レインシューズ、レインコート、ビニール袋については前の項目でご紹介しましたが、調理器具やブルーシートが必需品なのはどうしてでしょうか?

調理器具

まず、雨の日には火を起こすことが難しくなります。

するとバーベキューなどができなくなり、調理をすることが困難になりますね。

そのために、調理器具を用意しておきます。

特に、ガスコンロがあれば、火を起こさずに調理ができるのでおすすめです。

かさばらないため持ち運びをしやすく、荷物が増えてしまいがちなキャンプでも活躍しますよ。

ブルーシート

続いて、ブルーシートです。

雨が酷くなると、テントの中に雨水が浸水することがあります。

浸水を防ぐためにも、テントと地面の間にブルーシートを敷きましょう。

シートの枚数に余裕があるのなら、テントの中と、テントの上にブルーシートを被せると一層良いです。

ブルーシートは使い勝手がいいので、雨の日でなくてもキャンプ場に持っていくと良いですよ。

スポンサーリンク

焚き火するなら雨除けを!

雨の日のキャンプでは、焚き火をすることが難しくなります。

せっかく火を起こしても、タープなしだと雨に濡れて消えてしまうからです。

しかし、雨除けに焚き火タープ(難燃性タープ)を使用することで、焚き火をすることができますよ!

通常は、タープの下で焚き火をすると、火の粉が飛んで穴が開いたり、場合によっては火が燃え移ったりする心配があります。

焚き火タープは難燃性といって、火に強い素材でできています。

そのため、焚き火をしても穴が開くことがない優れものです。

しかし難燃性といっても、近距離まで火を近づければ、燃えてしまうこともあります。

使用の際には、必ず付属の説明書を読んでから使用しましょう。

使い方を知れば、とても便利な製品です。

通常のタープよりも値段が張りますが、キャンパーとしては持っておきたい商品のひとつです。

雨の日でも諦めずに、焚き火タープを使って焚き火を楽しんではいかがでしょうか。

スポンサーリンク

キャンプ雨って最悪? まとめ

せっかくのキャンプ日に雨が降っていると、ガックリしてしまいます。

でも、雨の日に活躍するアウトドアグッズを用意することで、キャンプを楽しむことができますよ。

雨の日キャンプには、あったら便利な商品とかならず持っていきたい必需品があります。

全て持っていくことが理想ですが、必需品だけは必ず持参しましょう。

キャンプ場の多くは山の上にあります。

それに川が近くにある場合は、川の氾濫が心配されます。

雨がひどい場合は、土砂崩れなどの災害の心配があるので、必ず情報収集を行ってください。

雨でもキャンプをしても差支えないと判断したら、必需品を揃えてキャンプ場へ向かいましょう。

普段キャンプするのとは違い、雨音を間近で感じられ、自然の偉大さを感じることができます。

また、キャンセルする人も増えるので、ゆっくりとキャンプできることも利点です。

雨音が大きくなければ、夜はのんびり映画を観るのもいいですね。

万全の準備をして、雨の日でもキャンプを楽しみましょう。

体を冷やさないようにして、風邪などの体調不良には気を付けてくださいね。

関連記事

飯盒の焦げの落とし方は?はんごうの焦げ付き防止対策も紹介!
飯盒(はんごう)の焦げの落とし方は、水を入れて火にかけることです。また、焦げ付き防止のためにはご飯の炊き方が重要!お手入れも楽になりますよ。焦げを予防する対策や洗い方をご紹介します。頑固な焦げには重曹も有効です。ぜひ参考にしてください。
バーベキューでアルミホイルって溶けるの?効果的な使い方をご紹介!
鉄板でのバーベキューは、普通のアルミホイルでOKです。しかし、直火の場合は耐熱温度を超えるので溶けるでしょう。便利アイテムとしてバーベキュー用の厚手のアルミホイルがあります。炭の下にアルミホイルを敷くと、後片付けが楽ですよ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました