赤ちゃんの離乳食にヨーグルトを毎日あげても大丈夫?飽きた時は?

赤ちゃんの離乳食にヨーグルトを毎日あげても大丈夫?飽きた時は?

赤ちゃんの離乳食でヨーグルトを食べさせていますか?

「体に良いイメージがあるから、食べさせてあげたいけれど、いつからあげてもいいのかわからない」

そう思っているママやパパは多くいると思います。

ヨーグルトは生後7~8ヶ月からあげて良いと、多くの育児書に書かれています。

また、毎日あげることも問題ありません。

今回は更に深掘りして、与え方や飽きた時のレシピもご紹介します。

ぜひ最後まで目を通してくださいね。

スポンサーリンク

離乳食のヨーグルト 与え方やポイントは?

多くの赤ちゃんは生後5ヶ月を過ぎたころから離乳食をスタートさせます。

腰が座って、1人で座っていられるようになったら、離乳食を開始しても良いサインですよ。

ですがまずは、ヨーグルトではなく10倍粥などから始めます。

ヨーグルトをあげても良いのは、離乳食が順調に進んだ生後7~8ヶ月頃からが理想です。

初めての時は小さじ1杯から

その頃になったら、まずは小さじ1杯ずつあげましょう。

ヨーグルトは、冷蔵庫で保存していると思います。

冷蔵庫から出してすぐのものを赤ちゃんに食べさせると、冷たくて体を冷やしてしまう可能性があるので要注意です。

赤ちゃんのお皿に移したあとは、少しだけ放置しておき常温に戻しましょう。

ヨーグルトを離乳食用のスプーンで一口ずつすくって、赤ちゃんに食べさせてあげます。

赤ちゃんの様子を見ながら、「まだ食べられそうだな」と思ったら、小さじ1杯の残りをあげましょう。

ヨーグルトにはさまざまな栄養が含まれています。

タンパク質やカルシウムが豊富に含まれているので、ぜひとも赤ちゃんに食べさせてあげたい食材のひとつです。

我が家では家族でヨーグルトを食べています

私には1歳になる赤ちゃんがいます。

生後7ヶ月を過ぎたころから、ヨーグルトを食べさせました。

始めは嫌がることも多く難航しましたが、今では毎朝ヨーグルトを食べています。

そのついでに私と夫もヨーグルトを食べるようになったので、冷蔵庫にはヨーグルトがたくさんあります。

赤ちゃんに初めて食べさせるときは、無糖のタイプがいいでしょう。

また少し高いですが、赤ちゃん専用のヨーグルトも売られているので、試してみてくださいね。

スポンサーリンク

ヨーグルトでアレルギー反応は出るの?

ヨーグルトは乳製品です。

そのため、アレルギー反応の出やすい食材として知られています。

牛乳やミルクでアレルギー反応が出た場合、ヨーグルトでも同じような症状が出るかもしれません。

その場合は、食べさせる前にかかりつけの医師に相談をしましょう。

牛乳やミルクでアレルギー反応が出ていなくても、万が一のことがあるので、気を付けなくてはいけません。

必ずず最初の一口目は小さじ1杯だけにしましょう。

小さじ1杯程度であれば、アレルギー反応が出ても重篤になりにくいです。

アレルギーがない様子なら、少しずつ食べさせる量を増やしていきましょう。

生後7ヶ月ころの場合は、大体一日に50g程度をおすすめします。

スポンサーリンク

離乳食で毎日のヨーグルトに飽きた時のレシピ

毎日ヨーグルトを食べていると、赤ちゃんが飽きてしまうことがあります。

私の家の赤ちゃんも、飽きてしまって、全く食べてくれない時期がありました。

ヨーグルトには便秘を防ぐ効果もあります。

夏の時期は、どうしても汗で体の水分が失われるので、便秘になりやすい赤ちゃんが続出します。

便通を良くしてあげるためにも、ヨーグルトは毎日食べさせてあげたいですよね。

赤ちゃんがヨーグルトに飽きてしまったときの、アレンジレシピをご紹介します。

それは、オートミールのヨーグルト和えです。

ダイエット食品としても注目されているオートミールは、赤ちゃんにとってシリアルの役目も果たします。

あげる量を間違えなければ、ぜひ毎日食べさせてあげましょう。

オートミールのヨーグルト和え(家族で一緒に!)

作り方はとても簡単です。

器にオートミールとヨーグルトを乗せて、混ぜるだけです。

私は小さく切ったフルーツも乗せていました。

大人が食べても美味しい、ちょっとしたおしゃれな朝食のできあがりです。

一時期は、毎日の朝ごはんをオートミールのヨーグルト和えにしていました。

私と夫も同じものを食べて、家族みんなで栄養満点の朝ごはんを満喫していましたよ。

写真映えもしますし、美味しかったです。

スポンサーリンク

まとめ

栄養満点のヨーグルトを毎朝赤ちゃんに食べさせてあげたいと考えているママやパパは多くいると思います。

もし赤ちゃんにアレルギーがなく、パクパクと食べてくれるようなら、毎日あげましょう。

味に飽きてしまったら、オートミールやフルーツを盛るなどしてアレンジすることをおすすめします。

便通の改善にも良いので、もし赤ちゃんが便秘で悩んでいたら食べさせてあげてくださいね。

赤ちゃんがヨーグルトを好きになってくれることを願っています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました